お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2014年10月10日金曜日

Magic Lover2について。

さて、今週末はいよいよというか、ようやくというか、TMS主催マジックショー”Magic Lover2”です。どうにか台風もギリギリ待ってくれそうで、ふう、ってな感じです。

おかげさまで申込の方も順調で、あと数席を残すのみとなりました。お申し込みいただいた皆様、本当にありがとうございます。当日はお気をつけてお越し下さいませ。また、ご予定合わなかった方、3連休の中日という微妙な日付開催で本当に申し訳ない限りです。まだ申し込んでないけどちょっと行きたい、という方。当日券の販売はこのペースでは出来ないかと思います。必ず事前にご連絡お願い致します。


これだけお申し込みいただいた後に言うのもアレなのですが、今回のショーの概要をほとんど書いてこなかったのでこちらで。


キャパシティ35名の小さな、クロースアップマジックもある程度は見えるハコでのショーになります。パフォーマー6名、8演目。90分ちょっと超えるかな、くらいの公演時間のマジックショーになります。アクの強い演者ばかりで、さあ果たしてこれを一つのショーというパッケージにまとめあげる事が出来るのか、と若干不安ではありましたが、なんとか、どうにかこうにかなりそうです。

マジックの演技というのもは10分一演目、のような形になりがちです。今回のMagic Lover2もそのような形式を取っています。一人が演技して、終わったら片付けて次のマジシャン、というような形。だから入れ替えもしやすいし、マジックショーの主催者側からすればパズルみたいなもので、誰と誰と誰を呼んでどの順番でやってもらおうか、とまあそれだけを考えればマジックショーというものは出来てしまいます。実にお手軽で簡単です。

だからまあ、前に見た人が演者としていたりすると「まあ他の所で見たからいいか」という風になります。誰もショー全体を見ないで個別のコンテンツというパーツだけを見る。ショーを見終わった後に「誰々は良かったね」という感想ばかりで、全体としての満足度を語る人は誰もいない。それは果たして一つの「マジックショー」というものなのだろうか、と前々から疑問ではありました。

始まる前にこんな事を言ってしまうとすごくハードルが上がってしまってアレなんですが、出来る事なら、ただコンテンツを並べただけじゃないものが作りたい、と思っています。そして「このマジシャンを見るなら他の所で見るよりもMagic Loverで見るのが一番面白い」と、そう思ってもらえるようなものが作りたいな、と。


自分語り失礼致しました。皆様ぜひ会場でお待ちしております。


Magic Lover 2