お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2014年6月23日月曜日

なぜ女性クロースアップマジシャンは少ないのか 〜あるいはクロースアップマジックの不自然なコミュニケーションについて〜

 何やら世の中がセクハラやら女性軽視やらジェンダー問題に敏感な期間になってきているので、ここは僕も流行にのって手品界のジェンダー問題に取り組んでいこうと思います。

 さて、本日のお題は「なぜクロースアップマジックを演じる女性は少ないのか」です。

 クロースアップマジック、つまりはテーブルマジックを演じる女性、というのはこれまた極端に少ないです。そもそもがどちらかというと男性社会であるマジック界ですが、ステージマジックと比べても極端に少ない。若い女性に至ってはある程度クロースアップマジックをちゃんと演じるのが女性プロマジシャンしかいないんじゃないか、というくらい少ない。少なくともステージマジックでは大学のサークルの女の子達なり社会人クラブのおばちゃん達なりいるのに、なんでこうクロースアップには女性がいないのか。日本クロースアップマジシャンズ協会なる所で長らくコンテスト運営に関わってきていますけど、僕の記憶が確かなら女性でコンテスト出てきたの一人だけですよ。男子は多分のべ100人くらいは楽に出てると思うのですけども。

 
 なんでだろう、と頭をひねった結果出てきたのが、クロースアップマジックという特殊コミュニケーション環境が、女性が日常生活で行うコミュニケーション環境と著しく違うからではないか、との仮説が生まれました。


 ステージマジックの場合、基本的に舞台(又はそれに準じる所)に立って、演者と観客という二つにバチっと分かれるので、それはもう完全に非日常なわけです。だからマジシャンを女性が演じても正直あまり違和感がないし、それはまあ演劇とかフィギアスケートとかアイドルとか、そういうものと大差がない。

 逆にクロースアップマジックというものは、そのスタイルや成り立ちの問題から、芸そのものが日常の延長線上にあります。喫茶店なり居酒屋なり会議の場なりで、一人の男性が複数人を相手に自分の武勇伝を語ってみたり、一人講演状態になったり、とっておきの小話を披露する機会というのは割とありますし、「ああ、こいつまた調子のってるよ」と思いながらも僕らはそれを許容(あるいは我慢)出来るだけの心の広さを持っていますし、時によってはそれがすごく面白かったり興味深かったりする事も多いです。


 でも、僕のささやかな人生の中で、そういうある種場を支配するというか、自分一人で輪の中心になれるタイプの女性というのをお目にかかった事はそこまで多くはありません。女性が場の中心になる場合って、周りの男共がチヤホヤしたりとか、可愛さあまってちょっと意地悪しちゃうような、周囲からの発信を受け止める中心軸、のような形になる事が多い。

 クロースアップマジックを行う場合、その人物はどうしたって場を支配しなければならないし、自らのペースで物事を進めていかなければなりません。そういったコミュニケーションにもしかしたら女性はあまり慣れていないというか、あまりそういった事をしたがらないのではないか、という気がしています。仮にそれが出来る女性がいたとして、じゃあ果たして我々男性側はそういった女性にキチンと場を明け渡し、女性を立てる事が出来るのだろうか、と言われると疑問でしかありません。女性が場の中心になって物事を進めている様子を素直に受け入れられず、ついつい穿った見方をしてしまったりだとか、正当な評価が出来ないように思います。


 そう思うと、「もしかしたらマジシャンも女性、観客も女性という環境でなら女性クロースアップマジシャンは違和感無く成立するのではないか?」と想像を膨らませてみたのですが、これが確かになんだかすごく成立しそうな気がする。となるともう、女性クロースアップマジシャンが世にあまり出てこないのは、どう考えても我々男性側の責任だ、というなんとも耳が痛い結論が自分の中で生まれてしまいました。


 別にまあフェミニストでもないし、もちろん歴史的にみてもクロースアップマジックって男が作ってきた文化なので、それ以外の要素もたくさんあるとは思うのですが、理由の一つとしてこういう問題はありそうだなと。とは言うものの僕自身が男なので、なかなかにこのジェンダー問題を解決するのは難しいかもしれないなぁ、思う次第。

 とまあ僕は女性マジシャンのクロースアップマジックが成立しづらい理由はコミュニケーション環境にある、と思っているので、その環境を変えた形でのクロースアップマジックのアイディアが一個あるので、興味ある女性の方はぜひご連絡下さい。一緒に演技作り上げてどっかで発表しましょう。 


 って、なんかすげーナンパみたいな締め方になった・・・。
 



野島伸幸クリエイティブレクチャーにいってきた。

野島伸幸さんが毎月その月に作った新作マジックをレクチャーする、「野島伸幸クリエイティブレクチャー」に参加してきました。



さらっと書いてしまいましたが、マジックをする人はこの事がどれくらいもの凄い事かすぐにわかると思います。普通、マジックをそんな短期間に、継続的に、レクチャー出来るレベルのものを作り続ける事なんて出来ません。少なくとも僕は野島さん以外にこういった試みをされている人、というのをほとんど知りません。本当に希有な才能を持った、正真正銘のクリエイターだなぁと、思います。ほんとみんな一回行ってみるべき。「え? こんなクオリティを毎月新作でやってるの? マジで? なにこの人? 変態?」って思うよ。

以下内容の感想。

「フライングマネー」
観客が選んだ小銭が財布から飛び出します。

財布の形状に制限があるものの、即席的だし普段使いしやすそう。不思議さ、というよりか小銭の動きそれ自体が面白くてあまりタネに意識がいかなそうな感じがするのも日常生活で行う手品としてはとても良い。若干仕方ない事ではあるけど、飛ばせる小銭に制限がある、っていうのがちょっと切ない。やっぱりほんとは大きい金額飛ばしたいけど、それは贅沢よね・・・。


「折り紙チェンジ」
デタラメな模様が書かれた紙を取り出し、追っていくと文字が現れるが並びがおかしい。もう一度折り直すときちんとした言葉になる。さらに振りながらおまじないをかけると一瞬で両面とも違う絵柄に変化し、広げると新しいメッセージが現れる。

面白い。色々試すと応用範囲広そうだし、最初の模様が意味不明で観客の注意を惹きそうだし、何より最後の変化がとてもビジュアル。その癖難易度も低くて、工作含めた講習用にも使えそう。今回は画用紙にクレヨンで描いて作ってたけど、キチンと印刷したもので作ると藤原さんの折り紙マジック的な完成度を誇るような気がする。

「PKクラッカー」
ペットボトルの飲み口に差し込んだクラッカーがなります。

ほんともう現象説明そのまんま。6歳のご子息が現象を考えたとの事で、いやはや子供の自由な発想ってすごいね。なんだこれ。
実際これTPOさえ間違えなければものすごいウケそうな気がする。現象10秒くらいで終わるし。解決策もとてもシンプルで即席とまでは言わないけどもフットワーク軽い。飲み会とかでやってみようかしら。

「シューティングロケーション」
デックに輪ゴムをかけた状態でデックからカードが1枚飛び出す。デックにかかっていた輪ゴムは飛び出したカードに移っている。そのカードの表を見ると観客が選んだカードである。

トリックスから出てたレクチャーノートで確か赤沼さんと片倉さんが交互にマジック考える「マジックセッション」で、こういう輪ゴムの掛け方してたなぁ、と何やら懐かしい事を思い出しました。正直この作品に関してはまだちょっと消化不良かもなぁ、というのが正直な感想。確かに工夫した部分で錯覚は強くなっているんだろうけど、なんかもーちょっと足りない。なんだろうなぁ、単純に好みの問題なのかなぁ、この辺は。


「クリアービルチューブ」
透明なチューブにフタをして、ヒモで縛り、密閉します。この中に紙幣などの物が入ります。

まさにビルチューブ革命。こういう手品の為の小道具系結構好きです。手品の為だけに作られたから実に都合の良い機構になっている。素晴らしい。単純に透明なビルチューブです。でも透明です。タネの機構も一般的なビルチューブと違う。いやー騙されました。面白い。

「iphoneが起動するやつ」
紙コップに入れたiphoneが念を込めると起動し、さらにスワイプとパスコード入力まで自動で行われます。

もうその現象思い付いた時点で勝ちというか、紙コップにiphoneが入っててそれに念を送っている姿というのが既に面白い。割と簡単にタネはバレるような気がするんですがなんかそれでもその場はちゃんと盛り上がるような気がする。こういうのが結局の所「役に立つ手品」だったりするんだよなぁ、ズルい。機種によってはiphone以外でもいけるかも。

「紙コップ釣り」
水を入れた紙コップが人差し指一本で支えられる。

良い意味で子供向けの手品の本とかに解説されてたらすごく重宝しそうな作品。こういうのがちゃんと作れる人は貴重だよなぁ。アイディア一つで支えられてるものを作れるのはすごい。

「紙コップモンテ」
3個の紙コップの一つに小銭を入れるといつの間にか他のカップに移動する。最後は小銭がジャラジャラ出てくる。

最後の小銭の隠し方が賢すぎてびっくりしました。個人的には今回一番の衝撃。しっかりと手順になっててクライマックスまでついててボリューム感があります。野島さん本人にも言ったけど、これ紙コップじゃなくてプラスチックなりなんなりキチンとした素材で作ったら商品として売れる気がする、多分。

「パーフェクトロケーション」
観客が一枚カードを選ぶ。デックに戻し、デックを二つの山に戻し片方を捨てていくが、その度にカードが赤、ハート、小さい数字、偶数、と絞られていき、最後に残ったカードが選んだカードである。

もうなんていうか現象説明すら困難なカード当て。徐々にカードを絞っていくんですけど、入らない山を捨てるたびにそれが現象になっているというか。本来退屈な部分であるはずの絞り込みを不思議かつユーモラスに見せられるのはいいなぁ。最後の当て方はキチンと当たるバージョンとサカートリックバージョンと二つあるのも、面白い。セットアップが面倒だけど、それに見合う効果は十二分にありますねこれ。



とまあこんな感じで盛りだくさんでした。
次回は7月27日だそうです。
何せ毎月新作の為、その会によってネタ数が違ったり、素材が違ったりするみたいですが、いやこれぜひ行くべき。



会場で販売していたクリアービルチューブ

2014年6月21日土曜日

マジックマーケット2014 出展者一覧



マジックマーケット2014出展者一覧ページ作りましたー。出展者の方で写真、コメント空欄の所は随時更新していきますので、気が向いたら送ってくださいねー! えと、今の所は出展ブースまだまだ募集中です。詳細は下記ページから出展希望者説明資料をご覧下さい。あと僕のうっかりで「あれ? 参加表明したけど俺載ってないよ!」とか言う人、即座に連絡下さい。

 マジックオンリー即売会「マジックマーケット」開催します!





DirtyMove
< DirtyMove / よねさん >
 DirtyMoveはクロースアップ、ステージなど広い範囲の手品を考えるサークルです。今回は、非手品人に手品を教える場合について考察していきます。
< 露草幾念館 / ふ〜 >
 露草幾念館では、因果推定の錯誤と社会ゲームにより維持される物語、という切り口から魔法を理解したいと考えています。今回は「BlueHour/ステージパフォーマンスにおける経験則の記述と検証1」の配布を予定しております。
< Dice / KAZUMA >
 Diceです。初めての同人活動となります。KAZUMAという名義で作品を発表しています。今回は新作の作品3つを乗せた小雑誌を頒布予定です。よろしくお願いします!


日本奇術製作所 
Small Magicianは戸崎くんを応援しています。 











野島伸幸



JCMA








magohacks feat. JohnnyJun
ジャパンカップ金賞を受賞し日本代表となったジョニーがマジック界のライフスタイルブランドmagohacksとコラボレーション。乞うご期待。










ノシタマサシ
初めての同人活動、楽しみます!*\(^o^)/* 









magicα
関西の若手が、エネルギッシュなものをお見せします。













Charlie










Theatrical Magic Project
日向大祐の演出・出演による舞台公演「シアトリカルマジックライブ」シリーズのDVDを販売します。











浅田舞
普段はマジックアシスタントやお手伝いしてます。

今回のイベントではマジックとは全く関係無く私の趣味重視でやらさせてもらいます!イベントの箸休め感覚でいらしてください。








ekot企画












クラケン
 






 





Taryl&MO
  




そぉてん
配信によるマジックコンテスト開催予定。相手の見えないマジックの難しさを体験してみませんか?














kit cut
オリジナルのレクチャーノートとDVDを販売しようと思っています。実践に使えるものを予定しているので、手にとっていただけたらと思います。よろしくお願いします。











タナカヒロキ




奇術師キートン(キートン工房)
あなたのスキマ産業 キートン工房です。













しんざ工房 (代表しんざまなぶ)

過去に使用したものや、開発中のものなどをゆるく販売しております。よろしくお願いします。












http://magica-odo.jimdo.com/

オリジナルグッズ製作/マジックアプリ開発/珍品収集/アーカイブ事業/パフォーマー派遣などを展開。






TMS
主催です。がんばります。

2014年6月19日木曜日

マジックマーケット進捗状況1

 おかげさまでなにやらマジックマーケット好評のようで、既に出展ブース様も15ブース参加表明していただいております。レイアウトを色々といじってみているのですが、どう考えてもスペース的に20ブースが限界なので、残り5ブースで締め切ろうと思っています。ご興味ある方は、「出たいけど商品間に合うかなぁ・・・」とか思っていても人間締切があると意外となんとかなりますので、お早めの参加表明をお願い致します。詳細は前回のブログ記事を参照下さい。


 一応ルールに書いていない事として、飲食物の販売は禁止とさせていただいております。これは後でルールの方にも反映しておきます。


 しかしなんだ、マーケットやるよ! って言った後に世の中の他の即売会がどんな感じでやっているのか色々と調べているのですが(順番が逆だよね!)、なんか普通は長机半分が1ブースなんですね。しかも参加料金もそんなに大きくない規模のイベントでも普通にうちの倍とかそれ以上取ってる・・・。半分のスペースで倍の料金、売り上げ4倍じゃねーか・・・。ああ、こういうもんなんだね、世の中・・・。


 まあ確かに色々と計算していて「こんなんどーやっても赤字じゃんか! まあいいや! とりあえず開催だ!」とかいきおいで突き進んでいる最中なわけですが、なるほどね、どうりでね! おかしいと思ったんだよ!


 前回のMAGIC LOVERの時も参加費を安く設定しすぎて「正気じゃない」とか「頭おかしい」とか「バカなんじゃないの?」とか色々と言われ放題言われたわけですが、まったく同じ失敗を僕は繰り返しているわけですね・・・。うーん、どうも変に安くしすぎちゃう癖があるんだよなぁ・・・。価格設定は難しい。


 まあ一年前くらいは「よし! TMSのイベントは全部無料参加で開催しよう!」とかとち狂った事を言っていたレベルなので、その頃と比べたら多少はマシになったような気がします! でもなー、ほんとは無料イベントもやりたいんだよなー。特に案ないけど、誰か一緒に頭悪い感じで無料イベントやろうぜ! 「いや、それどう考えても無料でやっちゃいけないだろ?」みたいな感じのを無料でやりたい。有料にして参加者絞って小銭稼ぐくらいなら、無料にして人いっぱい集めた方がなんか面白いような気がするので。まああとはそれでモチベーションが下がらずに継続出来る形を考えればいいんだよなぁ。




2014年6月8日日曜日

マジックオンリー即売会「マジックマーケット」開催します!

 さて、皆様、長らくお待たせを致しました。twitterなんかではちょいちょい呟いていた、マジック業界初の試みとなるマジックオンリー即売会、「マジックマーケット」の詳細発表させていただきたいと思います。

 つきましては、まずは出展希望者の皆様向けに説明資料を作成させていただきました。ぜひ皆様、ご覧いただき、そして御出展のご検討、どうぞよろしくお願い致します。


 



えー、正直言って、あまりにも初めて過ぎてちゃんと成立するイベントになるのかどうかさえ検討も付きません! でもオイラやるよ! みんなぜひとも温かいご協力を!

2014年6月2日月曜日

「イベント開催」という未来の作り方について。

 最近2年くらい温めてきたイベントを形に出来そうな機会に恵まれまして、ワクワクドキドキしながら企画を進めております。こういう事に関しては妄想タイプなのでついつい「これあれだなー、上手い事成長していって、4、5回開催出来たら、多分業界が変わっちゃうなー♩」などと、調子乗った事を考えています。

 
 僕のいる手品、という業界は僕にとって喜ばしい事に(そして若干切ない事に)、ものすごく小さくてニッチで世間の端っこにいるような業界です。そういう業界にいると、ちょっとした事が業界の隅々に行き届いて、ちゃんと業界に影響を与える事が出来ます。


 良いマジックを作ろう、だとか良いマジシャンになろうだとか、はたまたお金を稼ごうだとか有名になろうだとかそういう事を考えている人はそれなりの数いる業界だと思うんですが、「この業界をこういう風にしていこう」と思って活動している人は正直言って僕の知る限りあんまりいないです。


 で、実はそういう風に業界の舵を切るって事を考えた時に、イベントを作れる人って結構影響力があるというか、もっといってしまえば自分の都合の良いように業界を形作れるのかもしれない、と思っています。


 前提として、キチンと集客出来て知名度とか規模とかがしっかり上がっていく、というとても難しい部分があるのですが、そこさえうまくクリア出来れば、後はその主催の人間が力を入れるイベントがそのまま業界標準になっていくのだなぁと。


 多くの人はプレイヤーなので、何をがんばればいいのか、という事には頭が回りません。そこに「ここをがんばるべきなんだよ、ここをがんばっていいんだよ」という道筋を作ってあげれば、みんなこぞってその範囲内で一生懸命に努力をしだす。


 例えばで今、手品のコンテストって多くは10分という制限時間があります。だから世の中には10分の素晴らしい演技が出来る人達がたくさんいる。でも10分の素晴らしい演技を作る天才達は決して自発的には15分の素晴らしい演技は作れないのです。世の中に15分の素晴らしい演技を産み出す為には制限時間を15分に設定したショーなりコンテストなりを、まず作ってあげなきゃいけない。15分の演技が入る箱をまず作ってあげないと、みんな中身を作りようがないんです。

 
 「こういうマジシャンになりたい」と自分の未来を夢見る人達は多いです。でも「こういうマジシャンに出てきてほしい」とか「こういうマジック業界になってほしい」と思って、その人達が出てきてくれる為の土壌作り、箱作りをしている人達はあまりいません。何か良いものが作りたい! と思って闇雲にがんばる人達は多分いると思うんですが、多分それは結構苦しいんじゃないだろうか、と思います。「みんなが良い物が作れるような環境を作ろう」っていうのが多分効率的で、実際に良い物もたくさん出来るようになるんじゃないか。それがイベントプランナーという人間の、未来の作り方なんじゃないのかなぁ。







というような事を話し合いたいので、しんのすけさん対談しましょう。<ブログ記事に見せかけたオファー。