お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2014年5月20日火曜日

「良いコンテンツ」について。

 年始から4月下旬くらいまで、公私ともに忙しく、バタバタとした日常を送っていたとは打って変わり、なんだかここ数週間は非常に時間的余裕のある生活をしていました。

  そのお陰で読書や舞台鑑賞、またとりとめのない思考に頭を働かせる事に時間が取れて、休まるヒマもないくらいにやる事に追われたり、何もする事がない余裕を持ったり、という事は交互にメリハリよくあった方が、日々の生活の中でバランスよくインプットとアウトプットを両立するよりも、むしろ効果的なのかもしれない、などと思っている次第です。

  そうした中で思った事なのですが、本当にもうなんていうか、最近世の中のコンテンツのレベルがすごく高いような気がする、という事です。たまたまの巡り合わせとか、自身の感受性云々の話なのかもしれませんが、いやしかし、ここは「コンテンツのレベルは昔に比べて高い、そしてそれは今後とも継続する、つまりはコンテンツの質はどんどん上がっていく」という前提で話をしようかと思います。


  さて、なんでコンテンツの質なんてものに僕らはこだわるのでしょうか。それは非常に皮肉な事に、コンテンツを大好きな僕たちは「コンテンツの良し悪しがわかってしまうから」に他なりません。別にコンテンツに本当の意味での「善し悪し」があるとは僕は思いません。そこには自分なりの物差しがあるだけで、それはつまりは「好き嫌い」という話なのだと思います。ですがその好き嫌いは多分一人一人が違う、千差万別的なものではなくて、小規模の集団単位である程度共通する「好き嫌い」があるのだろうと思います。ある特定の集団内で共感できる「好き嫌い」を、「良い悪い」に変換し共通言語化し一つの文化体系を作り上げる事が、そのものの「良い悪いがわかる」という事の実態なのだろう、と思います。

 「コンテンツの良し悪しがわかる人達」が作り上げた「良いコンテンツ」に合致する好みの要素とはどういったものでしょうか。多分それは、

 「労力がかかっている」 → 作り込まれている
「見た事の無いものである」→ 新しい
「ある分野の知識が無いと理解出来ない部分がある」 → 難解
「時代背景を何かしら反映している」 → 現代的
 「微妙になんだかよくわからない」 → 深い
「体感するとテンションが上がる」 → 面白い
 「自分にとって都合が良い」 → 共感

などなど、があげられると思います。

そしてこの好き嫌いの割合が近い人同士がグループを作り、他とは相容れない文化を作り上げていくのです。 それが多分現在の「消費者」というものではないか、という事です。 


 こうした偏った消費者グループが大量に存在し、大小の差はあれ発言力を持っている。作り手は真面目にその声に耳を傾け、出来るだけ多くの集団の好みに合致するように自分のコンテンツに様々な要素を入れこんでいく。


  「コンテンツの質が上がる」という事をある側面から大雑把に見ると、「作り手の負担が大きくなる」という事ではないか、と思います。作り手は多くの事を勉強し、たくさんの人数をかけ、予算を使い、呆れるほどに労力をかける。この流れは多分しばらく止まりません。何せ隣の連中はみんなそうやってものすごく良い物を作っている。自分達が手を抜いたら誰も自分達に見向きもしなくなる。その結果「良い物を作りたい」という意識は、過当競争、ブラック化の一途を辿るわけです。そしてコンテンツ作りなどというものに携わり「良い物を作りたい!」などと思ってしまっているピュアな僕たちは、損得計算なんて出来ませんので、実に残念な事に様々な要素を過剰投資してしまい、良いコンテンツを作りあげてしまう。そして結果的にコンテンツ作りはどんどん「投資回収不可能」な、報われない仕事になってしまうのです。



 これからも多分コンテンツの質は上がり続けるだろうし、多分その渦の中に自分も混ざってしまうのだろうと思います。消費者としてどんどん目が肥えてこだわりが強くわがままになり、生産者としてどんどん過剰投資を行い報われなさを助長し続ける。これに対する落とし所というか、ある種の着地点なるものを今のうちから考えておかないといけないのかもしれないぁ、などと思っている次第。  



 

2014年5月8日木曜日

【感想】「リメディア~いま、ここで」

 安田さんの紹介でカミーユ・ボワテル氏作、「リメディア~いま、ここで」を池袋の東京芸術劇場に見に行きました。



 ヌーヴォー・シルクの世界では、技を見せるのが目的ではない。いわば、高い空中まで使って表現する演劇やダンスとイメージしてもらうといい。サーカスではタブーとされた「技の失敗」の概念もくつがえされ、十数メートルの高みから落下したり、手から玉が逸れていくさまを「見せる」こともある。しかし、常に高さやバランスといった物理的な危険要素をはらむサーカスでは偶然性に身を任せるわけにはいかないので、動きは綿密に計算され、体に叩きこまれる。  こうしてみると、リメディアの舞台はヌーヴォー・シルクの究極の形といえるかもしれない。あからさまな「技」は全く見えないが、演者は綱渡りのようにバランスをとり、小さな危険をすり抜けていく。その瞬間だけが、次の瞬間を保証する。がらくたに満ちた世界をどうにかこうにか切り抜けていく彼らの姿は、まさに、現代社会を生きる私たちの生きざまこそサーカスなのだと、暗に告げているように思えてならない。

「リメディア~いま、ここで」東京芸術劇場
フランス国立大道芸サーカス情報センター日本特派員 田中未知子氏コメントより抜粋


 twitterで誰かが言ってた「洗練されすぎたドリフ」という言葉が完全にツボで、この前目黒氏のジャグリング公演「ながめくらしつ」見た時に思った「これ、洗練されすぎたイチャつきだな」というのと何か自分の中で連続していて、「洗練されすぎた」シリーズとして、本当に楽しく見る事が出来ました。

 どの部分に面白みを感じるかは人それぞれだと思いますし、こういうものの好き嫌いって結構はっきりするとは思うのですが、舞台関係者から見た時の道具の物量と準備、片付けのヤバさはちょっと異常でした。開始15分くらいで「おいおい、これもう続行不可能じゃん・・・。」とか思ったり「これまた明日の公演でもやるの・・・? マジで?」とか思った事は多分人生で初めてです。

 信じられない物を見た。リメディア感想|安田尚央|note  

 本来舞台人でならば当然隠さなきゃいけない事、舞台袖とか会場スタッフとか暗転時の片付けとか、そういったものをむしろさらけ出す事で独自の世界を作り出している、という事にものすごく衝撃を受けましたし、比べられるレベルにはいませんが自分も少しずつそういう方向性の事を考えていたので、なんだかすごく嬉しかった。

 歳を重ねる毎に舞台を見て受ける刺激というものにも慣れてきてしまい、生の舞台を見ても「あーまあそれなりに面白かったよね」とか言いながら日々忘れていくものが多い日常になんとなく退屈も感じていました。


 崩れゆく世界、そして積み上がるガラクタ。実に素晴らしい舞台でした。ああ、なんだかんだ言いながら、小綺麗にまとまった物を作ろうとしていただけなんだなぁ、と自分の凡庸さにも気付けましたし、まだまだ色んな可能性を考えられるなぁと、本当に良い刺激を受けました。

 まだ正直咀嚼していて、消化もおろそかではあるのですが、この舞台を生で見れた事はいずれきっと自分の良い栄養になるのだろうと、そんな気にさせる体験でした。

 
 うん、内容についてはググれ。




2014年5月1日木曜日

野島伸幸TMAコンテスト挑戦記念「ショー&レクチャー&壮行会」



2014年3月に行われた国内最大級のクロースアップマジックコンテスト THE JAPAN CUP2014にて、そのあまりに独創的、衝撃的なオイル&ウォーターの演技で会場を魅了した野島伸幸。

その演技は今アジアでもっとも熱いコンベンションを主催するTMAの会長の心さえも射止め、見事TMA特別賞を受賞、5月16日〜18日の行われTMAコンベンションにゲストコンテスタントとして招待される運びとなりました。

 野島伸幸のTMAコンテストへの挑戦をぜひとも応援しようという事で、この度「壮行会兼レクチャー兼ショー」を開催する事にしました。

 特別レクチャーと題しまして、初心者でも簡単に演じられるマジックを野島伸幸オリジナルマジックの中から厳選してレクチャーをしていただきます。 簡単に演じられますが、きちんと演じれば手品マニアでも騙されるような作品の数々です。



さらにジャパンカップで入賞し、TMAに挑戦する野島伸幸最新コンテント演技『素晴らしきカードマジックの世界 〜オイル&ウォーターに翻弄された一人の男の半生〜 』も当然の事ながら演じていただきます。

それにプラスして会場であるスタジオK's様特性のコーヒーとスイーツも振る舞わせていただきます。


参加希望の方はなんらかの方法で野島本人、または本イベントスタッフの戸崎までご連絡下さい。一応戸崎のメールアドレスは載せておきます。

face bookイベントページでの[参加] 表明でもかまいません。
野島伸幸TMAコンテスト挑戦記念「ショー&レクチャー&壮行会」




限定20名のイベントになります。直前の告知となってしまいましたが、皆様のご参加、何よりも野島伸幸への応援、どうぞよろしくお願い致します。

野島伸幸TMAコンテスト挑戦記念 「ショー&レクチャー&壮行会」
日時:5月11日(日) 15:00ー17:00
会場:Studio K's 御茶ノ水駅徒歩7分
料金:3,000円 (参加費+コーヒー、スイーツ付き)



トザキマジックスクール学長 兼 野島伸幸応援団長 戸崎  
tozaki.netra@gmail.com