お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2014年11月26日水曜日

ちはやふる 26巻感想

もうほんとね、なんというかね、「いまや一番熱いスポ根漫画はちはやふるだ!」とか「ちはやふるって言うのはアレなんですよ、少女漫画の殻を被った熱血少年漫画なんですよ」とか「いやもはや、ちはやふるは少女漫画の殻さえ被っていないですよ! ただの熱いかるた漫画なんです!」とか人に語りまくっていた僕にとっては本当にもうやられた! とか言いようのない、26巻でありました。

そうやった、ちはやふるは少女漫画やったんや・・・。という事を物の見事に思い出させてくれた恐ろしい巻でした。

少女漫画的なある種理不尽な、「お前それイケメンだから許されてるだけじゃねーか」的な空気を読まない突発的行動を、ある意味25巻かけて丹念に丹念に伏線を張り巡らせて、「えー! でも・・・だよね! うん、だよね! しょうがないよね! よくやったよ!」という気持ちにさせてくれるとは・・・恐るべし末次由紀・・・。


いや実際、あれだけの圧倒的熱量で熱血物を描いていたかと思えば、天才の不遇、孤独、特殊性を見事に名人・クイーン戦で描ききり、ここにきて真正面から堂々と少女漫画を描くとか、ほんとちょっとちはやふるのポテンシャルは異常過ぎます。本来誰しもが初期の段階で使いまくってある種マンネリ化させてしまう少女漫画的要素を26巻まで温存とか、ちょっともう凄すぎる。


そんなわけで表紙からも分かる通りの、太一の巻でした。本来少女漫画的には恵まれてしかるべきポジションなのに、なんか常に若干不幸な太一は、まあ多分幸せになれないんだろうなぁ、と思いつつも、27巻を楽しみにせずにはいられませんが、末次先生なら問題をほっぽりだして普通にかるたの勝負を描きそうでそれはそれで楽しみです。

さて、アタイも才能と戦う覚悟を持とう・・・。


ちはやふる(26) (BE LOVE KC)