お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2014年1月26日日曜日

【読書感想】『百年法 上・下巻』著 山田 宗樹

 年に何回かは壮大で厚みのある物語が読みたくなります。読むのに時間がかかって、登場人物がたくさんいて、その物語における世界が構築してあって、しかも作中で時間経過があるものなんて最高です。

 そんなわけで『百年法』、非常に楽しく読む事が出来ました。


原爆が6発落とされた日本。敗戦の絶望の中、国はアメリカ発の不老技術“HAVI”を導入した。すがりつくように“永遠の若さ”を得た日本国民。しかし、世代交代を促すため、不老処置を受けた者は100年後に死ななければならないという法律“生存制限法”も併せて成立していた。そして、西暦2048年。実際には訪れることはないと思っていた100年目の“死の強制”が、いよいよ間近に迫っていた。経済衰退、少子高齢化、格差社会…国難を迎えるこの国に捧げる、衝撃の問題作。


 不老不死手術が始まってからの150年間、生存制限法施行から約50年間というスパンで語られる物語は、死生観、独裁政治と民主政治、テロ、親子の絆など、色んなテーマを内包しながらうねり、交わり、着地します。
 フィクションを積み上げて行っているはずなのに、その結果として訪れている世界、ぶつかる問題が、現実に生きる僕らが日々暮らしている世界、悩みと奇妙なくらい一致する。ああ、そうか、僕らが生きている現実だって僕ら一人一人が脳内で勝手に取捨選択とイメージを繰り返して作り上げたフィクションに過ぎないのだ、と認識せずにはいられません。SFという物語が持つ確かな力を感じずにはいられません。

 
 全体にとって利益になる事が必ずしも個人にとって幸福であるとは限らない。また逆に個人にとっての幸福を最優先した結果、全体が瓦解していってしまう、というのは集団の大小に関わらず日々僕らが直面する問題です。個人の時代だ! と持て囃された時代も下火になり、空気を読んで場の調和を見出さない事が大事だというゆとり的思考も散々に否定され、じゃあその先どうしたらいいの? と悩ましい日々を送っているわけですが、物語のように圧倒的な真実と人々の決意による収束が果たして僕らの元にも起こるんでしょうか。


 あと全然関係ないですが、不老不死技術によって人々が老いなくなると、自分のオシメを変えてくれた人と恋愛関係を成就させる事が出来る、という事実に付いて行けず、「あ、俺旧世代だわ・・・」と思わず感じてしまいました。常々自分はどのように新しい価値観に付いていけなくなるんだろうと不安に思っていたのですが、なるほど、そっち方面はありえるわ・・・。