お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2013年12月25日水曜日

【読書感想】極黒のブリュンヒルデ 6巻

kindleで追ってるので、若干読むのが遅めですが・・・。

個人的に最近の一押し漫画なのは間違い無いのですが、はたして自分が一体この漫画のどこに惹かれているのか、いまいちわからないというか、上手く言語化出来ない希有な作品。

一つ一つの要素だけ取り上げると正直ブリュンヒルデ以上の漫画なんていくらでもあると思うんですけども、なぜだか妙に気になってしまう、そんな作品です。


100%予知能力のスカジとの対決、って部分は正直そこまで頭脳戦とも思えなくて割とすっと流せちゃったのですが、その分スカジが可愛いし健気だしそして岡本倫先生の読者なら誰しもが当然のように予想する通り、ちゃんとスカジ死ぬしでまったくもって救いがありません。そしてその予想通りのある意味ベタな(もちろんベタなのは岡本作品だって前提があるからで、普通健気で純粋で可愛い敵側の女の子は死にません)展開でもちゃんとこちらをノスタルジックな気持ちにさせてくれる所は、もうほんとさすがとしか。前回の奈波が若干の救いがあったから余計にね・・・。


そしてまた新たな魔女が! って所で6巻終了。いやもうほんと、久しぶりというか、フリーザ様以来の絶望感。ああ、もう本当に目が離せません。kindle派だけど、気がついたら紙のコミック買ってしまってそうで怖い。



よくよく考えたらエルフェンリートでも主人公側って最後までみんな無事だった気がするので、今回もそういう感じなのかなぁという気もするのですが、意味ありげに登場したキャラが次のページで殺されている、というのがある種若干トラウマで、「でも岡本倫だから何しだすかわからん・・・」みたいのが、先が読めない本当の理由のような気がします。どちらかというと「ノノノノ」で大事な主人公であるノノちゃんが悪役のおっさんに30分間胸を揉みしだかれてた事の方がトラウマですけど、ほんと。