お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2012年8月29日水曜日

9月のTMS活動予定。

皆様、お世話になっております。
「手品以外の全てを行う」が合言葉の戸崎マジックスクール(TMS)代表の戸崎です。


まあ当面は月に一回程度のustream公開収録をメインに活動していこうかと思っています。
もしかすると内容、日程等変更があるかもしれませんが、
来月の活動の宣伝をさせていただきます(上の「お知らせ」にも書いてありますが)


「TMSの集い」
日時:2012年9月17日 19:00~22:00
場所:日暮里サニーホール 会議室3
内容:「手品のオープンソースとプレゼンを考える」公開収録 その他企画会議等


参加希望の方は事前にご連絡ください。
tozaki.netra@gmail.com



オープンソースという言葉がそろそろ当たり前になってきた昨今、
僕ら手品業界はオープンソースをどう取り入れていけばいいのか。
また、発祥業界であるIT業界ではどのようにオープンソースというものが利用され、
何がメリットで何がデメリットなのかを、オープンソースに造詣が深いゲストをお呼びしてじっくりと語り合おうと思います。

またTEDを筆頭になんだかすごく世の中でプレゼンというものが持て囃されている昨今、この文化を手品業界にも取り入れられるのではないか、という事も合わせて議論していきたいと思っています。

どのみち無料で公開するのですが、ぜひ生で聞きたい、質問とか意見とか言いたい、もしくはなんだかよくわからないがTMSに興味がある、一回くらい戸崎を生で見てみたい、などという奇特な方もぜひご参加いただければと思います。あまり大きな部屋ではなく、席に限りがありますので事前にご連絡をいただければ幸いです。まだ方針が固まってないのでしばらく参加費は無料です。



・・・。なんだろう、最近活動が自分の想像以上にまともで真面目。

2012年8月28日火曜日

チャレンジャーズライブ終わりました。

JCMA主催のチャレンジャーズライブ2012、夏(秋?)の大会が終わりました。


僕にとってチャレンジャーズライブというのは実に思い入れの強いコンテストで、自分が以前参加していたという事はもちろん、ある時からだいぶ運営自体を任されるようになった、最初のコンテストでもあるのです。


僕自身長い事色々なコンテストに出てきて(およそ今はそんな風には見えないけども、昔は結構がんばってたんだぜ!)、そこで感じた各々のコンテストのメリットデメリットを、多少は掬いあげたり実験したり出来る場というものを得られた事は本当に幸運だったなぁと思っています。コンテストに出る、という事は実に貴重だし素晴らしい体験だと思うのですが、実はそれ以上にコンテストを運営するという事は貴重で素晴らしい体験である、と今では言えます。


ある程度本音を言ってしまえば、僕は僕のメリットの為にコンテストの運営という仕事をしています。おかげさまで、普通にコンテストに出ているだけでは見えない多くの事が見えるようになりました。語弊があるといけないので説明しておきますと、僕はコンテストの運営によって、コンテスタント、審査員、スタッフ、観客、業界すべての人の事をようやく考えられるようになりました。自分でマジックをしている側の時はどうしたって自分の事が最優先になってしまっていたのですが、ようやく本気で他人の事を考えられるようになった。それは、矛盾のようでもあるのですが、僕自身の為にものすごく価値のある事のように思います。


もちろん僕はまだまだ力不足で、考えられるようにはなったけども、全ての人に満足してもらえるようなコンテストはまだ作れません。やれる事はたくさんあるけども、まだまだやっていない部分が多いです。個人の力に頼り切ってしまっている部分も多いです。今回のチャレンジャーズライブに不満感を持つ人がいるならば、実におこがましい話ではありますが全て自分の責任である、とさえ思っているくらいです。


本来、あまり裏方業というものは前に出てくるものでもないし、こうして発言するものでもないとは思うのですが、決して恵まれていたり報われていたり地位が確立されていたり評価されたりしていない現在の手品業界の裏方の地位向上の為にも、僕はある程度前に出て発言していく必要があると思いますし、そして何よりも裏方って楽しいし実にやりがいがあるんだよ、って事を伝えていきたいなぁと思います。実に手前味噌で若干自慢話風になってしまうのですが、ある程度手品の表舞台で評価されて、色んな経験してきた僕が言うんだから間違いないよホントに。



いやしかし、そろそろ今の自分の考えをまとめた文章とか書きたいなー。そこいらの新書と同じ分量くらいになりそうだから、なかなかふんぎりがつかないけど。やはりトークショーしかないか。うん、誰も来ないですよね、わかります。


2012年8月14日火曜日

四つ玉解説書アップしました。

試しに自分で過去に作った四つ玉の解説書を二つほど、
ダウンロード出来るようにしてみました。

「シカゴの四つ玉」あるいは「増加するビリヤードボール」という手品のタネ自体が載ってしまっているので、自ら演じたり研究したりする方以外のダウンロードはご遠慮いただくようお願い致します。というかタネだけ知りたい人が見ても多分そんなに面白いものではないかと思います。


コロリン

指の間に並べないタイプの四つ玉。多分似たような事をしてる人って既にいるとは思うのですが・・・(身近だと里一磨さんが似たような手法使ってました)。僕としては「簡単に出来る四つ玉を考えよう!」と思って作った技法なんですが、何人かにやってみてもらった所、意外と難しいらしいです・・・。ちなみに三つ出すやり方は出来るようになったのでそのうち公開します。

シルクとボール

その昔、知り合い二人と「若気乱舞」なるレクチャーCD(恐ろしく珍しい形。html形式でしたよ)を作りまして、そこに掲載した手順。19歳当時に作ったものなので実に若気の至り感のある文章ですが、開き直って当時そのままの形で配布します。今現在も演じている手順です(今は結構手直ししちゃってますが)。手順としてはそれなりにまとまってるかなぁとは思うのですが、この手順でウケようと思うと結構大変です(大変でした)。そのうち改訂版も書きたい所。


上のタイトルクリックするとpass付きのzipファイルがダウンロード出来ます。passはこのブログのタイトルです。


実際に演じる人はほとんどいないとは思いますが・・・。ご利用は常識の範囲内でお願いしますですよ。

2012年8月10日金曜日

進行表1.1アップしました。

現実に使ってみて、使い勝手悪かった所を修正したので、アップします。
多分使い勝手は向上しているはず。


進行表 1.1.pdf 

進行表 1.1.xlsx 


とりあえずダウンロードのページには前回のものを残しておきますが、
そのうち差し替えますですよ。


今回のはショー/コンテスト向けなので、
次回は「営業先で提出出来る進行表」のテンプレを作りたい所ですなー。
というかそっちの方が需要ありそうですよね・・・、ごめんよ、思考が偏ってて・・・。


あとテンプレ作るとしたらなんでしょうねぇ。
「出演依頼用紙」とか「ショーの際のスタッフへの諸注意」とかそんなんですかねぇ。




・・・なにこの地味な仕事の連続。

「独立国家のつくりかた」「ニートの歩き方」を読んだよ。


坂口恭平さんの「独立国家のつくりかた」と、phaさんの「ニートの歩き方」という、最近話題の2冊を一気読みしてみました。






二冊ともいまいち何々本と言いづらい、カテゴリ分けしようがない本だったのですが、いやはや実に面白かったですし、これを「けしからん」とか「わけわかんねぇ」とか「そんな事言っても年取ったらどうするの?」とかいう疑問を持たずに素直に楽しめた事に、少しだけほっとしています。こうやって新しく出てきた価値観とか考え方とか生き方を理解出来なくなる日がそのうち来ちゃうんでしょうか、怖いわ。といってもお二方とも僕より年上ですけども。


かたや総理大臣でかたやニートという、ぱっと聞く限りはまったくもって正反対に見えるお二方の行動の結果が、実は同じような動機で、同じような思考を経て出ているというのが実に面白い所でした。


しかしまあなんというか、お金とか国家とか職業とか、そういったものを必要としなくなるという事がある種のブームというか、トレンドになっていっているという現在の状況は非常に面白いのですが、まだまだ常識という呪いにかかっている僕には頭では理解出来てもなかなか実行には移せない部分ではあります。ただしかし、職業論だとかお金の事を語る時に、こういった話も考慮に入れておかないといけない時代なのだなぁ、とは思っています。


僕もある時にふと、「もしもお金がなくて食べる物に困ったら畑泥棒しよう」と思いついてから、なんだかすごく生きるのが楽になりました(実際にはやってないですよ)。どのような方法でもいいから「お金がないと生きていけないよね」という意見を否定できる生き方をシミュレーションしておくのは、心のゆとりというか、精神衛生上非常によろしい事だと思います。



ただまあ、「金がすべてだ!」にしろ「金なんかなくてもいいよね」にしろ、どっちにしたって僕らは「お金」ってものに対して語ったり考えたりするのがどうにも好きな民族ですなぁ。本当によく考えたよなぁ、こんなシステム。





2012年8月5日日曜日

手品の進行表を考える。







進行表について、裏方界のエリート街道をひた走る山田さんとダべりました。
で、この放送に合わせて、自由に使える進行表のテンプレートを作りました。
上のメニューの「ダウンロード」ところから見れますので、
ダウンロードして使っていただければ幸いです。


しかしまあ、いつもと同じ環境のはずなのに、なんだかえらい画質が悪いですね・・・。
やはりそろそろちゃんとカメラ繋いで放送すべきですかねぇ・・・。