お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2012年9月13日木曜日

極々当たり前のインターネットを使った手品での稼ぎ方について。

えーと、今日の話は多分、多くの人にとっては「え? 何をいまさら当たり前の事を言ってるの?」ってなってしまうと思うのですが、ちょっと勇気を出して書きます。僕自身、なぜこんな当たり前の事を今まで考慮しなかったのだろうと、思いついた瞬間にびっくりしちゃったのですが。


僕は何年も前から手品でお金を稼ぐ、って事を考えるのが好きだったので、結構色んな可能性を探ってきました。まあ具体的に何を考えたのかは僕の過去の発言を漁ってもらえれば玉石混合色々あるかとは思います。

んでまあ、ご多分に漏れず、僕も「マジシャンもインターネットを活用しなきゃダメだよね!」という、時流に乗りたい馬鹿野郎なんですけども、よくよく考えたら「マジシャンがマジックをしてお金を稼ぐ」という、実に当たり前の事をあんまり考慮に入れてなかったなぁと。


マジックをしている人たちと話をしても、なぜかこの事が話題になった事がありません。「マジックのレクチャー動画を有料配信する」だとか「舞台を中継する」だとかそういう話自体は出てくるんですが、例えば「有料登録するとカメラの前で最新作を演じている映像が毎月送られてきます」だとか「この演技映像が一本300円です」だとかそういう事を話した記憶があまりありません。そしてこのご世代にそういった活動をしているマジシャンというのを聞いた事がありません。えーと、誰か既にやってるんでしょうか。もしそうならぜひ教えていただきたいです。


歌手だったら歌を配信するし、漫画家だったら漫画を配信するわけで、そりゃあマジシャンだったらマジックを配信するはずなのに、なんで僕はそれを真剣に考えてないのだろう・・・、とものすごい疑問になりました。やっぱりあれなんかな、「誰もマジシャンのマジック動画なんて買うわけねーよ」って頭がどっかにあるんかな・・・。うーん、でもやり方次第な気もするんだよなぁ・・・。もうちょい考えます。