お知らせ・活動予定


マジック関連の出演、レクチャー、講演、プロデュース、コンサルティング等お仕事募集しています。

2015年12月30日水曜日

皇帝ペンギンと渡邉尚について。

自分のショーの前日にジャグリングカンパニー「頭と口」の旗揚げ公演、MONOLITHを見にいきました。なんだかとっても気になったので感想を書きます。MONOLITHの感想というか、ほぼ渡邉尚さんについての感想です。

先日、「皇帝ペンギン」というドキュメンタリー映画を観ました。マイナス40℃、南極という過酷な環境の中で、皇帝ペンギンの生態を描いた傑作です。ただ可愛いだけではない、必死に生きる皇帝ペンギンの様子を圧倒的な映像美と演出で魅せる、素晴らしい映画でした。子育ての為に4ヶ月も何も食べずに卵を守り続ける皇帝ペンギンの姿を見ると、「生」というものを改めて考えざるを得ません。

皇帝ペンギン プレミアム・エディション [DVD]

いや、何をいきなりペンギンの話をし始めたかっていうとですね、渡邉尚さんの演技を見ていて、「あ、この人はペンギンなんだ!」って思ったからです。

本人もそうですし、周りも既に言っているとは思うのですが、渡邉尚さんの演技は非常に退行的というか、人非ざるものを表現しているのですよ。で、それってすごくアート的だったりコンテンポラリー的だったりするのかなぁって思ったんですけども、なんかもう「ただペンギンを見ている」のと同じ気持ちだったんですよ。前述の皇帝ペンギンの映画を見ている時とほぼ同じ気持ち。ちょっとボール投げて首の所でキャッチしたりされると「わー!すごい!がんばった!尚がんばった!」みたいな気持ちになるんですよ。ちょっともうすごい。

普通例えばパフォーマーが同じ技を繰り返した時って、「ああ、さっきも見たな」って思うじゃないですか? でもこれが例えば動物とか赤ちゃんとかがちょっとした芸を何度も行っても見ている側として「すごい! もーいっかい! もーいっかいやって!」みたいな感じになるじゃないですか? もうね、その域。

いや、なんかジャグリング界隈だと「フロアジャグリングを発見した」とか「これまでの文脈に影響されていない」とか色々と専門的な考察がされているようなんですけども、僕ジャグリングに関しては何もわからないので、「ただただ可愛らしい生き物を見た」って感覚です。で、そのことが同じパフォーマンス界隈にいる僕にとって非常にショックです。まさかね、人が動物になる事でパフォーマンスにおける欠点のような部分を根こそぎ解決しちゃうだなんて!

パフォーマーが動物になれるなら、もう無敵ですよ。だってペンギンなんて正直ただ歩いているだけでずっと見てられますもん。ペンギンもですね、卵を温める為にオスとメスとの間で足でがんばって卵のキャッチボールとかするんですよ。で、うまくいかなくて卵割れちゃったりするんですけど。もうほんとそれを見ている気分。がんばれ! がんばれ! って思う。そこにあるのはもう芸とかパフォーマンスとかそんな事じゃないんですよ。その生物にとっての生きる事そのものです。

もう僕の中で渡邉さんは完全にペンギンです。というか今回感じた渡邉尚的なものを「ペンギン」と呼ぶ事に決定しました、個人的に。もう事あるごとに「君の演技にはペンギン度が足らない」とか言い出すと思います、これから。

いやはや素晴らしいものを見ました。非常に面白かったです。自分のショー前日だけど見に行ってよかった。

2015年12月28日月曜日

おそと手品無事に終了しました!

おそと手品、無事終了しました!


珍しく自らマジックを演じるイベントいう事で、今自分に出来る事を詰め込んだ感じでした。おかげで途中思いっきりただただプレゼンをする、といったような反則技も入れ込んでのショーでしたが、まずは無事に終わってホッとしております。




また今回のイベントの大きな特徴として、チケット代をお金ではなく、何か物で、という方式を取りました。なかなかに面倒なシステムであったかと思いますが、皆様本当に様々な物を入場料として持ってきていただきました。ご来場、ご協力、本当にありがとうございました。
以下、来ていただいた方々とチケット代(物)の写真です。
(顔掲載がNGな人は馬とかになっています)

 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






電報もいただきました。後ほどお礼のお礼のお手紙書きます。


ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。
皆様のおかげで楽しい時間を過ごす事が出来ました。

久しぶりにたっぷりとマジックを演じて非常に楽しかったです。ちょっと手品熱が上がった気がします。次回の自身としての単独公演の予定は未定ですが、またいずれ行いたいと思いました。




入場料(物)にかこまれる戸崎。

2015年12月26日土曜日

いよいよ明日がおそと手品です。

さすがに本番前で更新頻度がだだ下がっておりましたが、明日がいよいよおそと手品本番となります。

 よくよく考えたら、自分一人で公演を行うのって初めての事です。色々とイベントやってたので、その感覚が薄いですが・・・。 
いやはや一人で行うという事は大変な事ですねぇ。

まあでも一回目なのでこれまでの貯金が色々とあるので、その分でなんとかって感じです。
おかげさまでなんとか内容もまとまり、席もある程度埋まったので、あとは本番を迎えるだけ、という感じです。 久しぶりに集中的にマジックの練習をして、楽しかったですし、これまでマジックを演じる事以外で培ってきたものが、思ったよりも演技に良い意味でプラスに働いてるなぁ、と感じました。
本番前でこういう事言うと、コケた時にアレな感じになるのであまり言いたくはないのですが・・・w

今回はチケット代の事ばかり言ってしまってましたが、当日もう一つ新しい試みというか、実験的な事を用意しております。 来ていただける方、楽しみにしていてくださいませ。

明日の準備諸々がありますので短めに。
っしゃー、がんばろ!

2015年12月16日水曜日

マジックショーの作り方について。

 自分のショーも近いので、マジックショーの作り方というか、僕が今回の公演を作る際に考えている事をまとめておきます。

マジックショーの定義
「マジック、マジシャンを中心においた、45分〜120分程度の公演」とします。「マジックが含まれる公演」や「マジック要素がある公演」、45分未満のもの、120分を超えた長いイベントに関しては扱いません。

マジックショーの目的
大きく以下の3つに分かれると思います。
1.マジックを見せる
2.マジシャンを見せる
3.マジック、マジシャン以外を見せる
それぞれの違いについてはまた改めて解説します。

マジックショーの構成
今回定義しているマジックショーの場合、時間というものが重要な要素となります。ある程度の長い時間、コンテンツを観客に見せようと思った場合、何かしら工夫が必要になってきます。通常、以下の手法が取られます。

①連続型
連続性を持たせる事で、時間を持たせるスタイルです。物語や、ある一貫したテーマ、などが該当します。

②アラカルト型
短い時間で何かの要素を変える事で、長い時間を細切れにします。種類の違うマジックを行う、演者を変えるなどです。

極端にどちらかに偏っている場合もあれば、①と②をどちらも使う場合もあります。
僕が主催するMagic Loverはたくさんの演者を並べるアラカルト型にちょっぴり連続的な要素を取り入れたものですし、野島伸幸氏の「珍味」は特に自身のキャラクターという要素に焦点を絞り、キャラクターを使い分ける事で90分という長い時間の公演を成立させています。

初期の日向大祐氏や「本の森」の頃の入江田翔太氏もキャラクターを使い分けるタイプの公演を行っていました。soraになってからの日向氏はどちらかというと連続型の比重が強くなっているのかな、という印象です。

キャラクターを使い分ける
もっとも簡単に長い公演時間を成立させる手法は複数の演者を順番に出す事です。その他の要素を変える事よりも、「違う人間が出てくる」というのは非常に楽に観客の気持ちをリセットする事が出来ます。そこからの派生で「一人であっても複数人に感じるようにキャラクターを使い分ければいい」というのは何も手品界に限った話ではなく、お笑い芸人のライブなどでもよく見られる手法です。

この場合、だいたい演者はキャラクターごとに名前を付けます。つまり本人の意識としても「自分とは別人格を演じている」という事です。


キャラクター以外の要素の使い分け
自分とは名前の異なるキャラクターを演じる、というのはハードルの高い行為です。演劇的な素養が必要な事も多いでしょうし、何よりそれなりの恥ずかしさもある。

もう少しハードルを低くする為にはキャラクター以外の要素を使い分けると成立がしやすいかと思います。例えばでいくつかあげます。

1:音楽の有無=喋りの有無
2:メディアの変更(主に映像を取り入れるなど)
3:使用する素材の変更
4:起こる現象の変更
などなど。

難しいのはキャラクター以外の要素は、何か一つを変えただけではそれほど効果的ではないという事です。少なくとも2つ以上の要素を変える事が重要ではないかと感じています。でないと「結局カードマジックばっかりやってる」であったり「ただ持っている物が変わっただけ」という印象になってしまいます。

近年、少しずつ小規模のマジックショーが増えてきて嬉しい限りではあるのですが、感覚的にまだまだ足りません。もっと手軽にみんなマジックショーやればいいのになぁって思っています。


一応最後に宣伝を。
上記のような事を考えながら現在製作中です。

戸崎拓也の「おそと手品」
日時:2015年12月27日(日)
昼公演 14:00〜15:00(受付13:30〜)
夜公演 18:00〜19:00(受付17:30〜) 
※公演時間は予定です。

会場:ムーブ町屋 HVルーム
東京都荒川区荒川7丁目50−9
http://www.sunny-move.com/move/
定員:30名 
料金:物  ※お金では入場出来ません。       
※持参した物は当日戸崎にお渡しください。 
申込:こちらのページからどうぞ。(予約必須) 
出演:戸崎拓也 
企画・運営:トザキマジックスクール









 

 

安田様から「魔法の世紀」をいただきました。

なにやら人から物を貰った話ばかりしていますが、現代の魔法使い落合陽一氏の「魔法の世紀」を安田様からプレゼントしていただきました。

安田さん曰く「落合陽一はメディアアートとして魔法を実装しようとしているので、戸崎は手品で魔法を実装してくれ」との事なのですが、いやちょっと、ハードル高すぎだろ、依頼内容・・・。

まだ半分くらいしか読んでないのですが、あまり触れてこなかった分野なので非常に面白く読んでいます。メディアアートってなんだかよくわからなくて、若干いけ好かないと思っていたのですが、理解しやすく書いてある。といっても読んで理解は出来るけど、それを実現するのは並大抵じゃないよ・・・という感じではありますが。

面白かったのがアート作品、と呼ばれるものが大きなブラットフォームに飲み込まれていってしまって単なるコンテンツと化してしまうといった記述。そう、やっぱり現代においてある種の革命を起こそうと思ったら、プラットフォームを超える(あるいは作る)必要があるのだな、と思います。もちろんプラットフォームに乗るのがあらゆる意味で「賢い」戦略ではあるのですが、良い意味でも悪い意味でも僕らみたいな人種は賢くは生きれないのです・・・。

安田さんもそういう意味ではとても賢くない人で(褒めてます)、ミラーボールサーカスをはじめ実験的で刺激的で儲からない(笑)イベントを次々に生み出すサーカスキチガイです。本当にすさまじいまでの動いていて、真剣な目で「俺はみんなに天国を見せたんだ」とか言っています。狂ってます。

そんな安田さんがプロデュースする企画が年末、というか僕のショーとめちゃくちゃ被ってる日程で行われます。僕は自分のショーの前日だけど思わず行っちゃおうかと思っています。お時間ある人はぜひぜひ!

MONOLITH 公演情報 | 頭と口


と、なんか特に依頼されたわけでもないけど、なんかステマっぽい記事になったな!!

2015年12月14日月曜日

クリスマスパーティでマジックしてきました。

先日土鍋と米をいただいた田中さんからの依頼で、教会でのクリスマスパーティで手品をしてきました。

時期的におそと手品で演じる作品ばかりだったので、通常の外部に呼ばれての出演よりかてんこ盛りで、何やらやたらと荷物も多くなってしまいました・・・。

外国の方が多いとの事だったので、ほぼ喋り無しで、30分やらせていただきました。6割お子様、4割外国の方、というなかなか珍しい観客構成でしたが非常に盛り上がっていただき、楽しく演技が出来ました。
詳細はまだ言えませんが、今月27日のおそと手品の為に作った新しい手順を初お披露目したのですが、結果的にはその新作が一番反応が良かったので、ちょっと自信付きました。

気になるギャランティは既に先日土鍋とお米を貰っていたのにも関わらず、追加で鍋の素をたくさんと、あと田中さんが大人の事情で開けていないCDをたくさん持っているので、AKB48、HKT48のオススメCDを5枚いただぎした!



あとピザも出していただいたのでここぞとばかりにたくさん食べました。




こんな「ギャラはお金じゃなくて物で!」とワケわからない事言っている僕にしっかりと向き合っていただき、ありがとうございました。ほんともう戸惑わせてしまいました・・・。

いやしかし、やってみた感想ですけど物ギャラスタイル本当に楽しいです。次回は是非田中さんの自主イベントに呼んでください!


えー、こんな感じで戸崎は現在マジで現物支給でお仕事を承っております。「予算は無いけど物ならある!」という皆様からのお仕事依頼を随時受け付けております。

2015年12月2日水曜日

12月27日 戸崎拓也単独マジックショー『おそと手品』 昼公演追加のお知らせ。

おかげさまで着々と申し込みが増えているおそと手品ですが、ありがたい事に「その時間行けない! 昼にやって!」というお声を何件もいただいたので、昼公演追加します。いや、別にまだ元々の夜公演も全然満席じゃないんですけどもね!!

えーと、伝わる人にしか伝わらないとは思いますが昼公演の場合、秋連とのハシゴ可能です! もはや自分のショーの宣伝をしているのか秋連の宣伝してるのかわからない感じではありますが、ぜひお越しいただければと思います。

ただ若干悔しいので夜公演の方は昼公演の演目に一個くらい追加してやろうかと思っております( 笑)。皆様、年末でお忙しいかとは思いますがぜひぜひお越しください。

ただ、このショーはチケット代が「物」の為、本気で60名来ていただいてしまうと、僕が物理的に物を持って帰れない、という事態が発生します。その為、ちょっと定員より少なめの段階で申し込みを締め切る可能性大です。ご興味のある方は早めのお申し込みを御願い致します。


以下、概要です。 


戸崎拓也の『おそと手品』


日時:2015年12月27日(日)
昼公演 14:00〜15:00(受付13:30〜)※追加しました。
夜公演 18:00〜19:00(受付17:30〜)
※公演時間は予定です。若干伸びる可能性はあります。
※内容は昼夜とも同じ予定ですが、夜公演は1演目くらい追加するかもしれません。
会場:ムーブ町屋 HVルーム
定員:30名
料金:物  ※お金では入場出来ません。
      ※持参した物は当日戸崎にお渡しください。
申込:以下フォームより申込をお願いします。(予約必須)
出演:戸崎拓也
企画・運営:トザキマジックスクール


記載の通りですが、入場は物でしか受け付けません。
特に「何円以上の物」といった規定はありません。
「ギャラを物にしたんだからショーのチケットも物だろう」というノリです。
詳しくは以下記事を参照願います。

また、いただいた物はネット上で紹介させていただく場合がございます。
ご了承願います。

一点注意事項として。
賞味期限の短い食べ物は極力避けていただけると幸いです。
こうしたイベント時だと生菓子系をいただく事が多いのですが、
今回参加者全員が生菓子だとさすがに食べれないし、ほら、太るし・・・。

なお、当日入場は想定しておりません。
必ず事前の申し込みを御願い致します。

年末のお忙しい時期かと思いますが、ぜひお越しください。
料金体系が実験的なので、定員少なめです。お早めのご予約をお願い致します。


戸崎拓也

ステージ・マジック、とりわけ特別な道具を使わずにテクニックで見せるマニュピレーションマジックを得意とする。 2013年、「トザキマジックスクール」を設立し、野島伸幸ソロマジックショー『珍味』、クロースアップマジックショー『MAGIC LOVER』、各種対談シリーズ、マジックのみの即売会『マジックマーケット』など、種々の企画を手掛けてきた。パフォーマーとしてのみならず、マジックに関するさまざまな企画のプロデューサーとしても活躍している。

受賞歴
  • 2001年 第20回 奇術を楽しむ集い全国大会 第1位
  • SAM東京大会 日本奇術会賞
  • JCMA若手育成コンテスト 第2位
  • 2002年 第一回テンヨージュニアマジシャンビデオコンテスト グランプリ
  • JCMA クロースアップスキルアップコンテスト 第1位
  • 2003年度 ジャパンマジック大賞 技能賞
  • 2005年 SAM埼玉大会 日本奇術会賞 日本奇術協会賞
  • 2007年 SAM横浜大会 ステージ部門 第1位
  • SAMオーストリア大会 マニュピレーション部門 第2位
  • プリあら・マジックAwards2007 審査員特別賞
  • 2008年 韓国ロッテワールドマジックコンテスト 第2位
  • 2014年 ジャパンカップ マジックサークル・フェローシップ受賞
wikipediaより転載


ご予約、質問は以下お問い合わせフォームよりお願いします。
複数名で来られる方はその旨記載お願いします。

2015年11月28日土曜日

1月のみかめクラブゲストはムッシュ・ピエールさんです。

 毎月行っているみかめクラブですが、12月は年末でマジシャンの皆様もお忙しい、という事でお休みです。その為次回は1月となります。

 1月のゲストはムッシュピエールさん。大阪の方ですから、東京で観れる機会はそれほど多くはありません。お時間のある方、ぜひお越しいただければと思います。

 以下、公式からコピペ。


第三十二回定例会案内(ゲスト:ムッシュ・ピエール)

【日時】
1月20日(水)
開場 18時30分
開演 19時00分(みかめ商品の実演、1部マジックショー、2部レクチャー)
終了 20時40分予定
事前予約:1,000円
当日参加:2,000円

※18時30分前のご来場はご遠慮ください。
※お願い※
同フロア他社様のご迷惑となりますので、お待ち合わせは2階等でお願いいたします。


【場所】
東京オペラシティ15階「株式会社ランドスケイプ(みかめくらふと)」
ランドスケイプセミナー室(マジック・ランプ・シアター)
(京王新線 初台駅東口より徒歩5分 駅構内直結)

163-1415
東京都新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティ15階
03-5358-8900
(平日10:00~18:00 土日祝日休み)

【お申込み】
定例会ご参加希望の方は以下メールアドレスまで
・参加人数
・参加者名
ご記載の上、ご連絡ください。
連絡をいただかなかった場合はご参加お断りすることがございます。
ご了承ください。
mikame@landscape.co.jp

申込み予約は1月18日(月)迄となります。
満席になり次第、申し込みは締め切りとなります。


「入場システム」
18:30~ 開場
19:00~ 開演
事前予約者:1,000円
当日参加者:2,000円

※みかめクラブに参加する方はどなたも参加費が必要となります。
※事前にメールにてご予約をお願い致します。事前にご予約の無い方が当日参加を希望される場合、当日料金となります。
※参加費は当日受付にてお支払いをお願いします。

個人の情報をどんどん晒していくと面白いんじゃないか?

なにやら、物を貰う話ばかりで申し訳ないのですが・・・。
ここのところでギャランティとかチケット代とかを全て 「物」にしているので、必要情報を書かねば! という思いに至りました。ぜひ参考にしていただきたく。

ほんとはここを見ればオーダースーツが作れるくらいの情報を記載した方が良いと思うので、後日追加していきます。追加した方が良いと思われる情報などあったら教えてください。

戸崎拓也
1985年8月24日生まれ。
A型。乙女座。丑年。

千葉県出身
東京都在住
独身、一人暮らし

身長:178cm
体重:67kg
体系:中肉中背(今のところ)
靴のサイズ:27cm
シャツ系は大体メンズのMサイズです。細身のアウターはLサイズを買う事が多い。

嫌いな食べ物:納豆、茄子
お酒:ビールはあんまり飲みません。日本のお酒よりかは洋酒寄り。
自炊:週3〜4程度

持っているデバイス:imac,surface2RT,iphone5s,304SH(android),kindle(2012)

普通自動車免許有り。手放したので車は持ってない。仕事、レンタカーで月1〜2回程度運転。


参考記事



2015年11月23日月曜日

12月27日(日) 戸崎拓也一人マジックショー『おそと手品』 開催します。

久しぶりに自分が演じるマジックイベントを企画しました。
主にマニピュレーションマジックと最近研究しているターベルコースに掲載されている製作が大変な道具を使った手品をする予定です。
おかげで最近毎日ハンズ通いです。



以下、概要です。 


戸崎拓也の『おそと手品』


日時:2015年12月27日(日)
   18:00〜19:00(受付17:30〜)
   ※公演時間は予定です。若干伸びる可能性はあります。
会場:ムーブ町屋 HVルーム
定員:30名
料金:物  ※お金では入場出来ません。
      ※持参した物は当日戸崎にお渡しください。
申込:以下フォームより申込をお願いします。(予約必須)
出演:戸崎拓也
企画・運営:トザキマジックスクール


記載の通りですが、入場は物でしか受け付けません。
特に「何円以上の物」といった規定はありません。
「ギャラを物にしたんだからショーのチケットも物だろう」というノリです。
詳しくは以下記事を参照願います。

また、いただいた物はネット上で紹介させていただく場合がございます。
ご了承願います。

一点注意事項として。
賞味期限の短い食べ物は極力避けていただけると幸いです。
こうしたイベント時だと生菓子系をいただく事が多いのですが、
今回参加者全員が生菓子だとさすがに食べれないし、ほら、太るし・・・。

なお、当日入場は想定しておりません。
必ず事前の申し込みを御願い致します。

年末のお忙しい時期かと思いますが、ぜひお越しください。
料金体系が実験的なので、定員少なめです。お早めのご予約をお願い致します。


戸崎拓也

ステージ・マジック、とりわけ特別な道具を使わずにテクニックで見せるマニュピレーションマジックを得意とする。 2013年、「トザキマジックスクール」を設立し、野島伸幸ソロマジックショー『珍味』、クロースアップマジックショー『MAGIC LOVER』、各種対談シリーズ、マジックのみの即売会『マジックマーケット』など、種々の企画を手掛けてきた。パフォーマーとしてのみならず、マジックに関するさまざまな企画のプロデューサーとしても活躍している。

受賞歴
  • 2001年 第20回 奇術を楽しむ集い全国大会 第1位
  • SAM東京大会 日本奇術会賞
  • JCMA若手育成コンテスト 第2位
  • 2002年 第一回テンヨージュニアマジシャンビデオコンテスト グランプリ
  • JCMA クロースアップスキルアップコンテスト 第1位
  • 2003年度 ジャパンマジック大賞 技能賞
  • 2005年 SAM埼玉大会 日本奇術会賞 日本奇術協会賞
  • 2007年 SAM横浜大会 ステージ部門 第1位
  • SAMオーストリア大会 マニュピレーション部門 第2位
  • プリあら・マジックAwards2007 審査員特別賞
  • 2008年 韓国ロッテワールドマジックコンテスト 第2位
  • 2014年 ジャパンカップ マジックサークル・フェローシップ受賞
wikipediaより転載


ご予約、質問は以下お問い合わせフォームよりお願いします。
複数名で来られる方はその旨記載お願いします。